助成金と補助金の違い

助成金と補助金には、どのような違いがあるのでしょうか。
この二つの単語ですが、明確な使い分けがされているわけではありません。
ですが一般的に、厚生労働省が取り扱っている支援金を、助成金と呼びます。
そして補助金の方は、経済産業省が取り扱っている支援金のことを指します。
また、自治体や民間の団体による支援金も、補助金と呼ばれます。

そして助成金と補助金の違いですが、
厚生労働省管轄の助成金は、雇用に関係する援助を行うことが目的です。
経済産業省管轄や自治体による補助金は、事業に対しての援助が目的です。
国の政策に合わせて、様々な種類の補助金があり、
企業の事業計画と合致している補助金を選ぶ必要があります。

助成金の申請は随時受け付けていますが、
補助金は期限が決められていて、公募制であることが多いです。

助成金は、基準を満たせば原則、受け取れますが、
補助金の受給には、数十倍の倍率の中から選ばれなければなりません。
補助金はこのように審査が行われるため、
補助金が必要となる事業についての説明が、申請時に必要となります。

助成金と補助金、同じなのは、どちらも融資ではなく、
支給であり返済の必要はないことです。
そしてどちらも申請後の支給となります。
受け取り後は、企業の資金として自由に使うことができます。
ただ、補助金の方は、指定する期間の経過後、報告書を提出し、
検査を受けてからの支給となりますので、
受け取りまで時間を要することになります。

更新日: