エラ削りの輪郭形成手術を受けた体験談

小顔になれて充実した毎日を過ごしています

エラを削りたいけど、手術はリスクが… / 輪郭形成手術を受けてみることに / 腫れが目立たなくなるまで5ヶ月だった / 小顔になれて充実した毎日を過ごしています

痛みもすぐには治まらず、強い痛みが長く続いたので、痛みが強いときは鎮痛剤を飲んで抑えていました。
痛みも長く続きと聞いていたので覚悟をしていたのですが、3ヶ月経つくらいまでは口を開けただけで痛みを感じることも少なくはなかったので、痛みが治まるまでは人と話をすることも億劫でした。
痺れたような感じがすることもあったので、クリニックで診てもらうこともありました。
エラ削りは神経を傷つけてしまうこともあるので、神経が傷つくと知覚麻痺などが起こることがあると聞いていたので不安にあることもあったのですが、痛みも痺れも徐々に引いていきました。
腫れがなかなか引かなかったので、すぐには効果を実感することができずにいたのですが、半年ほどで状態が落ち着いてくると、今まで気になっていたエラがなくなり、角ばっていたフェイスラインがスッキリとなり、憧れの小顔になることができたことが分りました。
ダウンタイムは大変でしたが、エラがないキレイな小顔になることができたので手術を受けて良かったです。
小顔になれたことで恋愛にも前向きになることができ、充実した毎日を送ることができるようになりました。